建物管理の資格を取るには実務経験が必要

建物管理の資格を取るには実務経験が必要

建物管理の資格を取るには実務経験が必要 建物管理に関しての資格には、マンション管理士や管理業務主任者などの国家資格があります。
また、そのほかに民間の資格などもあり、その資格を持っている業界で仕事がやりやすくなるでしょう。
マンション管理士や管理業務主任者の資格試験は、実務経験がなくても受験することができる資格なので、建物管理の仕事に従事したいと未経験者でも受験し、就職の際のアピールポイントとすることができます。
試験で求められるスキルもテキストや過去問を勉強していけば身に付けていくことができるものであり、実際に建物管理の仕事を始める前に基礎的な知識を身に付けるためにも役に立つでしょう。
資格試験合格後に主任者証の交付を受けるためには、原則として2年の実務経験が求められることとなりますが、登録講習を受講することで、経験が足りなくても登録をすることが求められます。
建物管理に関する資格の中でもビル管理士 の場合、受験するためには実務経験が求められることになり、取得のハードルは高くなっています。

資格をたくさん持っているメリットとは?

資格をたくさん持っているメリットとは? 建物管理の仕事は、建物を設備を使いやすい状態にしておくことです。
電気系統、通信系統、消防系統、熱源系統などの管理を行います。
大きな建物はその系統毎の専門家が管理する場合もありますが、小さい建物なら全部の系統を管理するという場合もあります。
その為、それぞれの系統についての一定以上の知識が必要です。
建物管理に必要な資格は、建築物環境衛生管理技術者です。
国家資格ですが、受験するには学校や店舗、商業施設での2年間の実務経験を必要とします。
建物管理の実務に就く為には、電気系統や消防系統などの個別の資格を取っておくと採用に繋がりやすくなります。
資格は一度に取る必要はありません。
求人で必要とされる資格が掲載されていますので、まずそれを取得してから仕事をしながら他の資格を取っていくと良いです。
資格をたくさん持っていると、転職をする時に有利になります。
建物管理技術者の資格があれば、責任ある仕事にも就くことができ、給料アップも見込めます。